モンテッソーリ

月に一度の保育園での育児支援の日。

モンテッソーリ教育を実践しているこの保育園に行けるのも、今日が最後なのがとても残念。
でも、今日は30分間クラスに入ってモンテッソーリ教育でいうお仕事をさせてくれるというので楽しみにしていた。

教室にはお仕事の道具が何十種類と置いてあり、自分でやりたいものを棚から出してくるようになっている。
お仕事について簡単には説明出来ないけれど、例えばビーズ通し、水差しでビーカーに水を注ぐ、洗濯板を使って洗濯をする、お箸でお皿からお皿へ小さい毛糸玉を運ぶ、ピンセットでビーズをつまんで運ぶ、国旗のジグソーパズル、グラハム粉等をビンから出してグラハムパンを作る、編み機を使って毛糸を編む、窓拭き道具を使っての窓拭き等等・・・・。

教室では、静かな空間で、どの子供(3・4・5歳児の縦割りクラス)も自分が自発的に選んだお仕事を集中してやっている。
その中にsou&sono2人が入って、どんな反応を見せるか楽しみにしていたのだが、最初にsouはお箸を使って運ぶお仕事、sonoはビーズ通しを選び、黙々と集中してやっている姿に妙に感動してしまった。

その後に2人が選んだのは、水差しでビーカーに水を注ぐお仕事と、図形が描いてある紙に同じ図形の折り紙を探して、筆で糊をつけて貼っていくお仕事。

f0087808_22411537.jpgf0087808_22413539.jpg


これがかなり面白かったようで、2人で順番にこれをしているうちに、あっという間に30分が過ぎ、ホールに戻る時間になったが、2人とも未だやると駄々をこねるほどだった。^^
この様子を見てしまうと、園に通わせられないのが益々残念だけれど、家でも真似して出来る事はあるので、時間を作ってやらせてあげたいな。


その後、子ども達は先生と園庭に外遊びに行き、ママ達は自立心を育てる着脱の習慣についての講話を聴いた。これはかなり参考になる事が沢山あった。
あれだけ私から離れなかったsonoだったけれど、今となってはあっさり私から離れて園庭に遊びに行けるようになった。
2人が下駄箱に行った所をそっと物蔭から見ていると、souが「はい、sonoちゃん。」と自分の靴より先にsonoの靴を取り、渡してあげていた。その様子に成長したなぁとウルウルしてしまったわ。(;O;)

私にベッタリ張り付いて、離れて遊べない2人に閉口していた頃、「2人とも自立は早いと思うよ。」と言われても全然ピンと来ず、本当?と思っていたけれど、いつの間にか気付けば今日のような日が来ていた。
これからも成長の証が沢山見れるのだろうね。
今日の天気のように心が晴れ晴れした、清清しい1日だったよ。
[PR]
by twinsangel | 2008-01-17 22:43 | 日々の出来事
<< ネコ&タヌキ 無事到着しました☆ >>